宇宙と異次元について

 

NHK番組で宇宙のことをやっていた。それによると、宇宙の始まりは物質と反物質の

 

衝突があり、物質が勝ったので、今の宇宙があるそうだ。さらに宇宙の終わりはダー

 

クエネルギーが鍵を握っているらしい。

 

宇宙に興味を持って「宇宙にはなにがあるのか」という本を購入した。

 

まだ読みかけだが、それによると「地球の質量をそのままに、直径17ミリメートルに

 

縮めるとブラッホールができます」とあった。すごい話だなと思った。なんでそんな

 

事がわかってしまうのかにも驚いた。そう言い切ってしまえるなんて。

 

ニュースで、ニュートリノと言う物質が、光よりもスピードが速い可能性がでてきた

 

といっていた。そうなるとアインシュタインの法則とかはどうなるんだろう。

 

この文章を書き終わった直後、TVのニュースでノーベル物理学賞米教授ら3氏に宇

 

宙膨張加速を発見、これにより暗黒エネルギーの存在があきらかになった」と言う報

 

道があった。(2011年10月4日)

 

 

何かの科学雑誌に、人間の脳では宇宙の仕組みを理解できないかもしれないと言うよ

 

うなことが書かれていたが、人間はこれから先どこまで宇宙を解明していく事ができ

 

るのだろうか

 

 

(2011年10月9日)の先ほど、テレビ番組「奇跡の地球物語」で宇宙のことをやっ

 

ていた。僕が面白いと思ったのは、

 

「ビッグバンが起る前の宇宙は原始一個よりも小さかった。それが何もない所から現

 

れて、ビックバンをおこした」と言っていた。

 

つまリ宇宙は米粒より、ずっと小さかったのだ。

 

あと「暗黒物質は、3次元の世界ではなく別の次元からやってきた」と言う仮説も

 

あるそうだ。