ゴシック音楽について

ROUAGE(ルアージュ)

ROUAGE(ルアージュ)を僕はゴシックとみてます。

1993年12月に愛知県で結成され、

2001年3月に活動停止した。

僕は中学生時代の後半にROUAGEを知った。

そして、今でも聴き続けている。

ROUAGEは出すアルバムごとに、新しい顔を出す。

僕の心はROUAGEによって救われたといっても過言ではない。

他の日本のビジュアル系バンドと、あきらかに一線をきしている。

巨大なメロディのうねり。心の闇。退廃的で美しく、

繊細であり、激しくもある。

ROUAGEはROUAGEでしか表現できないのだ。

曲の歌詞の一部を紹介しよう。

「Creation-審判-」の冒頭。

 

「逃げ惑う子供達 着飾った知的生命体。

 審判は下る」

 

「BIBLE」のサビの部分。

 

「かえりたい、かえれない、ここは何処、ぼくはだれ」

 

この歌詞だけでも闇が伝わるだろう。

世界はROUAGEを忘れてはいけない。

ROUAGEはROUAGE自信を卒業したのかもしれない。(たぶん)

だけど、僕はまだ、ROUAGEを卒業できてない。

 



Stillste Stund