クトゥルフ神話について

僕がクトゥルフ神話を知ったのは、

オリジナルCDアルバム一作目が完成してからだった。

書籍「本当は恐ろしいクトゥルフ神話」を読んで衝撃を受けた。

僕が作曲した音楽はクトゥルフ的だと思った。

クトゥルフ神話とは宇宙的、異次元的な物語だ。

物語群の原点となる作家がH・P・ラブクラフトである。

僕が小さい頃、深夜番組「ギミア・ぶれいく」で流れていたのは

クトゥルフ神話のなかにある「インスマスを覆う影」だとわかった。

あの当時のインパクトは、今でも忘れられない。

クトゥルフ神話の登場人物の中で、一番ぶっとんでるのは

やはりアザトースだと思う。

アザトースは宇宙の始まりから存在し世界の創造主であり、

この世界自体がアザトースの夢でしかないらしい

 

●クトゥルフ神話の影響がみられる映画

ミスト

スティーヴン・キング原作と、

フランク・ダラボン監督・脚本の最高のコンビ。

この映画は、異次元的で、クトゥルフ的だ。

後半に出てくる、超でかいモンスターの形が、

あまりにも異質で、すげぇー!と思った。

クトゥルフ神話の邪神をモデルとしている様だ。

モンスターや、異次元の現象も恐ろしいが、

この映画で本当に怖いのは人間だ。

パニックに陥った人々の異常心理、そんな人々をさらなる狂気へと煽る、

教祖的才能を持つ女。この女教祖は観ていて本当にイライラする。

キャッチコピーの「映画史上かつてない、震撼のラスト」とあったが、

たしかに震撼した。観終わった後味じが、とても気持ち悪い。

この気持ち悪さは、尾を引く。

普通の基準で評価すると、このラストは最悪だと思う。

だが、このラストのメッセージが、

映画の枠組みから飛び出してくるように、僕は感じる。

そういう意味でも異次元的だ。

この作品が放つ教訓を、深く知るには、

キリスト国家アメリカを知る必要がありそうだ。